未分類

胸が小さい3つの理由とは!遺伝だけじゃない?

投稿日:

「胸を大きくしたい!」と願っているあなたは、「なんで私の胸は小さいの?」と考えたことはありませんか?

多くの女性が、が小さいというコンプレックスを抱いていると思います。

「胸を大きくしたい」あなたはまず、胸が小さい理由を知ることが大切です。

その理由を知ると、単純に遺伝という理由だけではないことがわかり、改善点がわかると思いますよ!

1、胸が小さい理由ー遺伝ー

胸が小さい理由は遺伝と考えている人は多いと思います。

でも遺伝によってなぜ大きさが影響するのでしょうか?

それは、女性ホルモンであるエストロゲンが乳腺の増殖を助け、それによって胸も大きくなるのですが、このエストロゲンの量が遺伝によってほぼ決定します。

このエストロゲンは、胸の形成においてかなじ重要なホルモンであり、胸が成長する第二次成長の時に影響します。

このように、胸の大きさそのものが遺伝するわけではなく、遺伝的要素は胸の成長にとても影響があるといえます。

ただ、胸の大きさを決める遺伝的要素は、実は約30%ほどと言われています。

2、胸が小さい理由ー10の生活習慣ー

生活習慣の乱れは美容と健康によくないのは言うまでもありませんが、実は胸にも影響があります。

胸を大きくしたい時に良くない習慣を10個にまとめてみました。

●睡眠不足

睡眠不足は、女性ホルモンの分泌が少なくなったり、ホルモンのバランスが崩れます。

女性ホルモンは、成長ホルモンと同じく夜の22時~2時の間に分泌されるので、この時間帯に睡眠がとれていないと、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうのです。

つまり、胸を大きくするには22時~2時間はしっかり寝ることが大事です!

睡眠時間の短い県民は胸も小さいというデータもあります。

●就寝時の姿勢

寝るときの姿勢も胸の大きさを左右するといわれています。

うつぶせで寝る女性は胸が睡眠中に圧迫され胸の脂肪が肩や背中に流れやすくなってしまい、バストの形が崩れたり小さくなってしまう傾向にあるようです。

ブラジャーは単なる下着ではなく、胸の形を綺麗に止めておくための重要な役割りをしています。

ブラジャーをつけていない時間の多い女性は胸の脂肪が方や背中に流れてしまいやすくなり、胸が小さくなってしまうのです。

●コーヒーの飲みすぎ

コーヒー好きには胸が小さいという面白いデータがあります。

1つは、1日3敗以上コーヒーを飲む女性は、飲まない人にくらべて約17%胸が小さいという調査結果が!

2つ目は、胸の小さい女性と大きい女性のコーヒーの摂取量を調べてみたところ、胸の小さい女性の半数以上がコーヒー好きというデータがでています。

あなたはオフィスの休憩時間や家事の合間によくコーヒーを飲んでいませんか?

カフェインは血管を収縮する作用があり、身体を冷やす原因となってしまいます。その結果胸が大きくならない原因となっているようです。

●冷え性

体が冷えると自律神経が乱れて、ホルモンのバランスが乱れやすくなります。

女性ホルモンのバランス乱れると胸も大きくなりにくいのです。

基礎代謝をよくすることも、胸を大きくすることにつながります。

●猫背

普段から姿勢が悪く、猫背の人は、胸が小さく垂れる傾向にあります。

猫背だと、肩回りや背中の筋肉が凝り固まり、血行が悪くなってしまいます。

この結果肩こりになり、結構不良で胸に栄養が行き届かなく、老廃物が流れにくくなります。

さらに、猫背だと方が前にでてしまい、胸がさらに小さく見えてしまうます。

姿勢に気をつけるだけで、胸の形が良くなること間違いなしです。

●ストレス

ストレスもバストアップには大敵です!

ストレスを感じると、交感神経が優位となり、緊張した状態が続くことになり、結構が悪くなります。

同時に、自立神経が乱れるので、バストアップに必要な女性ホルモンの分泌が悪くなってしまうのです。

ストレスを感じやすい人は注意してみてくださいね。

●ブラジャーのサイズや形があっていない

胸が大きくならない原因の一つに、ブラジャーのサイズや形が合っていないことがあります。

自分のあわないブラジャーをつけていると、胸の形が崩れたり、つぶれたり、ちいさくなったりします。

一度試着をして、フィッターさんにみてもらいましょう!

意外と1カップ大きくなることはよくあります。

●食生活の乱れ

胸は体の一部なので、毎日の食事が大切でうす。

インスタント食品やレトルト食品には、必要な栄養素はほとんど含まれていないと言われています。

また加工食品に含まれる添加物が身体を冷やす原因にもなってきます。

新鮮な食材でバランスのよい食生が大切です。

●運動不足

運動をすると胸が小さくなってしまうと思っていませんか?

胸が激しく揺れるような激しい運動はあまりよくありませんが、ウォーキングなどの軽い有酸素運動は代謝をよくします。

筋肉が増えれば、基礎代謝もアップして、冷え性の改善にもつながります!

●タバコを吸っている

タバコに含まれるニコチンは女性ホルモン分泌の低下原因になります。

喫煙すると血管が収縮し、結構が悪くなるのもよくありません。

3、胸が小さい理由ーダイエットー

特に気をつけないといけないのは、思春期の無理なダイエットです。

子供から大人の身体へと変わる第二次成長の時に無理なダイエットをすると、栄養のバランスが崩れ、ストレスもたまり女性ホルモンのバランスも崩れます。

月経周期も乱れ、女性ホルモンがうまく分泌されなくなると胸の成長も鈍くなってしまうのです。

つまり、胸が大きくなる思春期から成長期(12歳~20歳あたり)にかけてどれだけ女性ホルモンが分泌されやすい生活を送ってきたかで胸の大きさが決まってくるのです。

この時期に女性ホルモンが多く分泌されればされるほど大きな胸になるのです。

胸が小さい、小さくなる理由は生活習慣だった!

胸が小さい理由を調べてみると、遺伝的要素は約30%だということがわかりました。

胸の大きさは乳腺の周りにつく脂肪量で変わってくるので、乳腺をたくさんつくる必要があります。

そのためには思春期と成長期に女性ホルモンをしっかり分泌させることが大切!

と言われると、「成長期をすぎたらもうバストアップはできないの?」と思ったあなた!

いいえ!そんなことはありません。

成長期を過ぎてからも、生活習慣を見直して正しい食事をしたら胸が大きくなった人はたくさんいます。

胸を大きくするために大切な生活習慣をまとめると、

①睡眠(特に22時から2時の間はしっかり寝る)

②ストレスをためない

③血行をよくする(運動、冷え性改善、正しい姿勢、カフェインのとりすぎ)

胸の成長によい生活習慣を送ってバストアップを目指しましょう!

 

 

 

-未分類

Copyright© バストケアナビ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.